kaito_tateyama's blog

SECCON CTF 2019 qual Writeup

2019/10/19(土)15:00-2019/10/20(日)15:00まで開催されていた、SECCON CTF 2019 qualにチームStarrySkyで参加していました。今回はmitsuさんが基本情報を受けるのでお休みで、一人チームでの参加となりました。
結果はWelcome, Thank you for playing!, coffee_break, Sandstorm, ZKPayの5問を解いて743ポイントを獲得し102位(正の得点を取った人数は799人)でした。以下、解いたもののWriteupを書きます。

Welcome

Welcome to the SECCON CTF.  
  
Read rules and check the IRC topic.  

IRCに行くとflagが書かれています。
SECCON{Welcome to the SECCON 2019 Online CTF}

Thank you for playing!

SECCON{We have done all the challenges. Thank you!}  

そのままです
SECCON{We have done all the challenges. Thank you!}

coffee_break

The program "encrypt.py" gets one string argument and outputs ciphertext.  
  
Example:  
  
$ python encrypt.py "test_text"  
gYYpbhlXwuM59PtV1qctnQ==  
The following text is ciphertext with "encrypt.py".  
  
FyRyZNBO2MG6ncd3hEkC/yeYKUseI/CxYoZiIeV2fe/Jmtwx+WbWmU1gtMX9m905  
  
Please download "encrypt.py" from the following url.  
  
encrypt.py  

Sandstorm

I've received a letter... Uh, Mr. Smith?  

最初はいつものようにfile, foremost, stegsolve, exiftoolをかけて調べました。
exiftoolで妙なものを見つけます。
Interlace : Adam7 Interlace
Adamと画像に書いてあるし関係ありそうです。調べてみると、先に画像の一部を送り、徐々に後から追加情報を送ることで、解像度が低くともおおまかな情報を伝えられるみたいなアルゴリズムだと理解しました。
では手元の画像で試してみましょう。(これは僕が所属している、広島でセキュリティ勉強会を開こうとしている団体のロゴです。)ImageMagickを使いました。

p-1.png

この画像に補完なしのAdam7と、補完ありのAdam7をかけてみました。ImageMagick で PNG の形式を変換 2016 awm-Techを参考にしています。

convert p-1.png -filter Point -fx "!(i%8)*!(j%8)*u" p-2.png  

p-2.png

convert p-1.png -filter Point -fx "p{i-i%8,j-j%8}" p-3.png  

p-3.png

なんとなく分かりました。では、問題の画像にもこの処理を加えてみましょう。

convert sandstorm.png -filter Point -fx "p{i-i%8,j-j%8}" p-4.png  

p-4.png

QRコードが出てきました。これを読み取るとflagが表示されます。なんというか、とりあえず試してみるとできたみたいな感じでした。
SECCON{p0nlMpzlCQ5AHol6}

ZKPay

http://153.120.18.131/  
  
status solve  
  
http://133.242.52.44/ (Mirror #2) status solve  
  
http://133.242.17.50/ (Mirror #3) status solve  

QRコードでamount 100を指定して読み取ってみると、以下のようになっていました。

username=k&amount=100&proof=MAINjzgVW2vP/wK3J2/a4WRajXpVfS3YSwCQfI00ltkSMSAwvNW5djnZ/RXhkZKRuwMk735s2ktsoHTWppBPm8sRZycwCjCXFnZPpYgC2XLWSeVqJ7A60jyCSuf0Hx7SbMhUxRf0IUHthi/20cbMOa0jreheM1k8Kc2aL4nISx276bO7HIMBMCAwk6ErCRZ2hx9k4zTQtX6Eu3QVU/4UJXtt3D92iepCqxwxCjDw48/TCc3BFznqVcImZBAsr1261pHFLgTac/1ZivV6AjEgMGlQT08rlUPoSQhG2p6oP6SYD30jVoO3MAyHJgZ7pKcTMQowPVt5bRI6qc6nO4lnZI6BDoszMzituoRSxFpY35b9uAcwCjBFDuUef4/weG2bRAiMhljPN3s+6gURwOq4p8VgX/xxDTEK&hash=e403dfc2abe5f320bbf6d92a20b834d36143b89a1da7200dc225fd5c7504a22a  

試してみると、amountが変化してもproofは変わらず、usernameとhashが対応しているようです。また、amountに負の数を指定して online QR generateサービス でQRを作るとエラーなく読み込まれます。
そこで2つユーザを作り以下のようにしました。

  • まず、username=k&amount=-1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000&proof=MAINjzgVW2vP/wK3J2/a4WRajXpVfS3YSwCQfI00ltkSMSAwvNW5djnZ/RXhkZKRuwMk735s2ktsoHTWppBPm8sRZycwCjCXFnZPpYgC2XLWSeVqJ7A60jyCSuf0Hx7SbMhUxRf0IUHthi/20cbMOa0jreheM1k8Kc2aL4nISx276bO7HIMBMCAwk6ErCRZ2hx9k4zTQtX6Eu3QVU/4UJXtt3D92iepCqxwxCjDw48/TCc3BFznqVcImZBAsr1261pHFLgTac/1ZivV6AjEgMGlQT08rlUPoSQhG2p6oP6SYD30jVoO3MAyHJgZ7pKcTMQowPVt5bRI6qc6nO4lnZI6BDoszMzituoRSxFpY35b9uAcwCjBFDuUef4/weG2bRAiMhljPN3s+6gURwOq4p8VgX/xxDTEK&hash=e403dfc2abe5f320bbf6d92a20b834d36143b89a1da7200dc225fd5c7504a22aでQRを作る。
  • 別ユーザでそのQRを読み込む
    すると、読み込んだユーザは大量の借金を背負い、user kさんはウハウハになりました。

p-5.png

p-6.png

これでflagが得られました。
SECCON{y0u_know_n07h1ng_3xcep7_7he_f4ct_th47_1_kn0w}

終わりに

ギャグみたいな解き方しかできてないのでもっと本質的な解き方ができるようになりたい。Pwn勉強やるぞやるぞ。